交通事故に強い西宮の弁護士

本当に交通事故に強い弁護士をお探しなら
相談実績1000件の西宮北口法律事務所へ

交通事故被害者専門

この西宮地域にも様々な弁護士がおりますが、その得意分野は様々です。
当事務所は長年にわたって交通事故問題に注力しており、大幅な減額を実現した経験を豊富に有しています。

 

医学の知識とネットワーク

当事務所の弁護士は、法律的な知識を蓄積しているだけではありません。
医師や理学療法士との情報交換や医療面談を行うことにより、後遺障害への理解を深めております。

 

相談料・着手金0円

当事務所は相談料0円、着手金0円ですので、初期費用がかかりません。
交通事故被害者の方の負担を少なくするために、相談や着手の段階で費用が発生しないようにしています。

 

 

 

交通事故発生後の流れ

1. 事故発生

タップして詳しく読む
まず警察に通報し、加害者の氏名・住所・連絡先車のナンバーのメモ・事故証明を発行してもらい、人身事故として処理されているか確認してください。
また、実況見分にも立ち会ってこちらの言い分をきちんと書いてもらいましょう。
 

2. 保険会社へ報告

タップして詳しく読む
必ず保険会社へ報告しましょう。
2か月以内に連絡しておかないと保障が受けられなくなる可能性があります。
警察にある申込書を使用して自動車安全運転センターに交通事故証明書を請求し、取得してください。
交通事故証明書は保険金請求の際必要になります。

3. 治療【症状固定・後遺障害】

タップして詳しく読む

少しでも怪我や痛みがある場合は病院に行くことをお勧めします。
診断書や治療費、交通費の領収書を必ず発行してもらいましょう。

 

 3-1. 症状固定

後遺症が残り、これ以上良くならない状態を「症状固定」と言います。
症状固定の際に、きちんとした診断書を作成することが重要です。
このタイミングで弁護士にご依頼いただくことで、医師に対して正確に症状を伝え、より適正な検査や診断を受けられる可能性が高まります。

 

 3-2. 後遺障害

治療費は打ち切られ、後遺障害等級の認定後に損害の保証を受けることになります。
先述の通り、この早いタイミングで弁護士にご相談いただければ、より適正な等級認定(=より高額な賠償額)が得られる可能性が高まるのです。

4. 損害賠償請求

タップして詳しく読む
損害は「財産上の損害」と、「精神的苦痛の損害」に分けられます。
財産上の損害は、被害者が事故のために支出した「積極損害」と、事故がなかったら得られたであろう利益である「消極損害」に分けられます。


そして、精神的苦痛による損害を賠償するのが慰謝料です。

 

5. 示談交渉

タップして詳しく読む
賠償金額が適正なのか確かめることを強くお勧めします。
相手側保険会社は、支払いが少なくなるように少ない金額を提示してくることが少なくありません。

弁護士にご相談いただければ、本来支払われるべき適正な賠償金の金額を計算します。
必要であれば、あなたの代わりに適切な賠償金を受け取るため保険会社と交渉します。


納得できなければ裁判で解決します。

6. 示談成立

タップして詳しく読む
示談成立後、示談書にのっとって、示談金(治療費、入院、通院費、葬儀費、慰謝料など)が支払われます。

 

 

 

賠償金のカラクリ

交通事故の賠償額の算定基準は、以下の3つの基準があります。

 

1.自賠責保険の基準 
2.任意保険の基準  
3.裁判(弁護士)基準


1.自賠責保険は、最低限の賠償を目的として作られた保険です。従って、この基準で賠償額が算定された場合には、3つの基準の中で最も低額になります。

 

2.任意保険基準とは、損害額を保険会社が算定したものであり、一般的に自賠責保険よりも高くなるものの、裁判(弁護士)基準よりも低額になります。

 

3.裁判(弁護士)基準は、裁判例を踏まえた算定基準であり、自賠責保険、任意保険の基準に基づいて算定した賠償金額よりも、ほとんどの場合高額になります。

 

交通事故の被害者は、賠償金額の算定基準にこのような違いがあることを知らないケースがほとんどです。
そのため、保険会社は賠償金を少しでも安くしようと賠償金額が低くなる基準で算出をすることが多いです。

 

 

 

弁護士にご依頼いただく場合の費用

弁護士費用特約について

ご本人または同居のご家族が加入されている自動車保険に「弁護士特約」が付帯されている場合には、保険で弁護士費用が支払われます。

 

そのため、保険限度額までは弁護士費用をご負担いただく必要がありません。
一般的な限度額は10~300万円となっています。

 

 

費用(弁護士費用特約がある場合)

着手金(税別)

見込まれる経済的利益が、

125万円以下の場合 10万円
300万円以下の場合 経済的利益の8%
300万円を超え3000万円以下の場合 経済的利益の5%+9万円
3000万円を超え3億円以下の場合 経済的利益の3%+69万円

 

 

報酬(税別)

得られた経済的利益が、

300万円以下の場合 経済的利益の16%
300万円を超え3000万円以下の場合 経済的利益の10%+18万円
3000万円を超え3億円以下の場合 経済的利益の6%+138万円

 

 

 

費用(弁護士費用特約がない場合)

相談料

初回相談は無料で実施しています。
2回目以降のご相談は、30分5,000円(税別)となります。

 

着手金(税別)

受任時に着手金をお支払いいただく必要はありません。

 

報 酬(税別)

20万円+回収金額の10%です。
賠償を受けられなかった場合、報酬は発生しません。

 

実費

訴訟費用(収入印紙、郵券)、交通費、通信費、書類の取り寄せ費用などです。

 

 

 

交通事故専門サイトもご覧ください

当事務所では、交通事故被害者の皆様に賠償や治療、制度についての理解をより深めていただくため、交通事故専門のWEBサイトを設けております。

 

当事務所の弁護士による詳しい解説や解決事例を掲載しておりますので、是非こちらもご覧ください。
(画像をクリック・タップしていただくとサイトへアクセスしていただけます。)

 

弁護士法人黒田パートナーズ|西宮北口法律事務所 TEL:0798-64-1150

メールお問い合わせはこちら ≫

LINEでのお問い合わせはこちら
弁護士法人黒田パートナーズ|西宮北口法律事務所 TEL:0798-64-1150

メールお問い合わせはこちら ≫

LINEでのお問い合わせはこちら